私立小学校に通うおっとり子の日々

私立小学校に通うおっとり子の日々

私立小学校に通うマイペースな娘(おっとり子)は、お家でのお勉強をがんばらないと、学校のテストで点数が取れません。家庭学習方法を中心に、おすすめな問題集や参考書についてや、日常生活、過去のお受験を経験して今思うこと等について綴りたいと思います。

私立小学校:入学後の送迎時の服装は?学校行事は何色のスーツ?スカート?パンツ?

入学後の送迎時の服装は?

 

 入学後間もなく、多くの学校では、送迎があるかと思います。送迎時は、多くのお母様が紺色スーツでした。お受験スーツの方も多く、小学校から入学の方はほとんどお受験スーツだったのではないかと思います。迷われる方は、紺色のスーツにしておけば、間違いないです。

 

学校行事は何色のスーツ?スカート?パンツ?

 送迎も一段落すると、今度は授業参観があると思います。おっとり子の学校では、この時も、お母様方は皆様紺色スーツでした。記憶が少し曖昧ですが、確かみなさんスカートだったと思います。パンツスーツは基本的に少数派で、パンツスーツのお母様をお見かけするようになったのは1年生の後半だったように思います。学年が上がると、増えていきますが、1、2年の間は少ない印象です。  特にパンツスーツが禁止されている訳ではないのですが、人数が少ない事を気にされる方は1年生の間はスカートにしておいた方が無難だと思いました。

 お色も、学年が上がるに従い、紺色率は下がってきますが、やはり紺色を着ていて浮く事はないので、迷ったら「紺色」だと思います。1年生の終わり頃の行事には、濃いグレーや、明るいお色をお召しになる方もいらっしゃいますが、少数派な印象です。2年生も1年生の延長線上にいる感じで、やはり紺色率は依然高いです。  3年生も紺色率は高いですが、カチっとした雰囲気は、1、2年生の頃よりは大分和らいだ気がします。色は紺色でもスーツの形やパンツスーツの方が少し増える事などでそのように感じるのかもしれません。それは、4年生になれば更に感じるところとなります。 上記のように書きましたが、紺色以外を着てはいけない雰囲気ではないので、着たいな…と思われるなら奇抜な色でなければお召しになっても問題ないかと思います。暗めのお色であれば、特に何色であろうと気にはならないですし、私も誰が何色をお召しになっていたのかは覚えていません。ただ、ベージュのような明るいお色の場合には、「え?良いのかな?」と思ったことがあったので、その方の事は記憶にあります。だからと言って何かあるわけじゃないのですが、明るいお色は、誰かの記憶に残る可能性は高いと思います。

 

持ち物(バッグ)

 

 バッグについては、ハンドバッグにサブバッグの組み合わせは多いですが、これも学年を追う毎に少しずつ変化します。ハンドバッグは、少しずつブランド物をお持ちの方がちらほらと増えていきます(皆様がそうという訳ではないですが)。ハンドバッグではなく、革製のトートバッグをお持ちになれる方も増えます(サブバッグなしで)。お靴は、裏面が赤い方はまだお見かけしたことないです。

 

持ち物(サブバッグ)

 

 

サブバッグは、1、2年生の頃はお受験時に使用していた紺色のサブバッグをそのまま使われている方が多かったです。私も大きめのおリボンが付いたサブバッグを使っていましたが、もう少しコンパクトでシックなサブバッグを使いたくなってきました。そして、私は下記のような雰囲気のサブバッグにシフトして行きました。